【施工レポート】袖看板 撤去

皆さん、こんにちは!

ここ最近、各地で猛暑日が続いていますが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

外出される方は特に、水分・塩分補給をこまめにして、

熱中症対策をしましょう!

 

さて今回は、看板施工レポートになります。

先日、北海道札幌市で袖看板の撤去のご依頼を頂きました。

 

まずこちらが撤去前の袖看板。

看板の下部分の振れ止めが外れてしまっています…

振れ止め棒は、風や地震などで看板が振動し、

ビスが緩むのを防ぎ落下を防止するという大切な役割があります。

経年劣化などで振れ止め棒が腐食し、破損した場合、

看板落下の危険性が高まります。

 

9月・10月は台風の季節です。

台風が直撃し、看板が落下することで、怪我や事故に繋がる可能性があります。

万が一の場合に備え、撤去や修理などの早めの対策が必要です。

…と、いうことで、綺麗に撤去した後の写真です。

これで台風が来ても一安心ですね!

皆さんも、自分の所有する看板をチェックして、

台風シーズンに備えましょう。

もちろん、かんばんの救急車でもご相談を承っております!